【キャバクラと似て非なるもの】勘違いしがちなガールズバーのこと

「ガールズバーとキャバクラは違う!」と言っても、なかなか理解してもらえないんですよねぇ…(泣)
ガールズバーとキャバクラの違いでも説明しましたが、ガールズバーとキャバクラは似て非なるもの。
「じゃあ、同伴とかは?」「営業は?」とか、そういう疑問も確かに出てくるハズなので、今回はキャバクラとの違いをさらに掘り下げていっちゃいます♪

街中で見かける同伴やアフターってガールズバーではあるの?

街中で、若くてキレイな女性と太った男性が一緒に歩いてたり、ちょっと不釣り合いな男女の組み合わせを見ることってありませんか?
あれは、ほぼほぼキャバクラ嬢とそのお客さんで、いわゆる同伴出勤やアフターと呼ばれるサービスの最中です。

ガールズバーって、キャバクラみたいな同伴やアフターはあるのか、しなくちゃいけないのか、ここはこれから働こうと思っている女の子の関心事のハズ。

最初に正解を言っちゃいますけど、ほとんどのガールズバーでは、同伴やアフターはしなくてもOKになってます☆

ガールズバーは基本的に接待はしない

キャバクラって、接待なんですよね。女性が男性に接待をして、気分良くなってもらって商売をしているわけです。
でも、ガールズバーは接待は基本的にしないから、お店の中ではもちろんだけど、お店の外でも、男性と一緒に過ごさなくちゃいけないとか、そういうのがないんです。

同伴とかアフターって、ホステスさんとかがお客さんと一緒にくっつきながら外で過ごしたりするじゃないですか。
あれはもう“バー”という飲食店のサービスの範疇を超えてるから、ガールズバーではやらないのが基本になってるんですね。

お客さんと遊ぶのはアリだけど給料は発生しない

ガールズバーでもお店によっては指名制があったりして、そういうところで働くと同伴とかアフターっていうのが指名獲得のために有利になるから、やる人もいたりはします。
指名制度ありのお店は同伴バックとかもあるんですよ。だから、キャバクラ嬢に近いサービスをしたりしますよね。

でも、ほとんどのガールズバーは、「お客さんと外で遊んだりするのはいいけど、特にお給料は発生しませんよ」ってなってます。
お給料が発生しなければ、わざわざお客さんとお店の外で会っても意味がないので、ガールズバーの店員さんには特に旨味はありません。

営業メールはした方がいいの?

もう1つ気になるのが、営業活動の存在。キャバクラでは、キャバ嬢がお客さんに営業メールを送るのが当たり前ですけど、ガールズバーではどうなんでしょうか。

ここも、同伴やアフターと、基本的には考え方は同じです。

営業メールの必要はないけどお礼は言うべき

キャバ嬢が営業メールをするのは、固定のお客さんを確保して、来店数を増やすと同時に指名数とか同伴回数とかを増やすためですよね。
ガールズバーのほとんどのお店は指名システムがなくて、固定のお客さんの確保とかも関係ないから、営業メールもする必要がありません。

連絡先の交換が認められてるお店なら、全然それはOKですよ!
もしもっと話したいお客さんがいれば、店員側からその男性に対してメールを送るのも問題なしです。
でも、それがお給料に反映されるかって言えば、必ずしもそうじゃないですね。お店次第ってところかな☆

あ、でも、お客さんと連絡先の交換をしたら、「今日は来てくれてありがとう!」みたいに、お礼メールくらいはするべきですよ。
それが次の来店につながって、もしかしたら時給UPにもつながるかもしれないから♪

キャバクラよりもプライベートの時間が確保しやすい

同伴出勤もアフターも、そんでもって営業メールもしなくていいとなれば、やっぱりガールズバーはラクなお仕事。

キャバ嬢はプライベートな時間も削って同伴したり営業活動したりするじゃないですか。
ガールズバーにはそれがないから、私生活とお仕事をきっちりと分けたい人にもオススメの職業ですよ!♪