[ガールズバーとスナック]の違いって?

お店にカウンターがあって、そこで女性が男性にお酒を出すスタイルのお店は、ガールズバーの他にも“スナック”と呼ばれるものがあります。
ガールズバーとスナックはどう違うの?という疑問にもちゃんと答えていきますよ!

ガールズバーはバイトの時給にバラつきがある

ガールズバーもスナックも、そこでアルバイトとして働く女性の時給相場は2,000円くらいって言われてます。

でも、ガールズバーの場合は時給1,000円台のお店もあって、かと思えば都会や高級店なんかだと4,000円を超えてきたりもして、かなりバラつきがあるんですよね。
それを平均すると、時給2,000円くらいになるって思っておけばOK☆

スナックも、全てのお店が同じ時給額っていうわけではないけど、2,000円前後っていう額は地域とかお店とかに関わらず、だいたい同じ。

ガールズバーってスナックよりもコンセプトもいろいろだし、最近増えてきたスタイルのお店っていうこともあって、こういう時給のバラつきが出ちゃうみたいです。

ガールズバーはお客さんの年齢層が低い

スナックに来る男性のお客さんは、一言で言うと“オジさん”です(笑)
ガールズバーにもオジさんは来るけど、20代とかの若い会社員の男性とかも全然いるから、年齢層は比較的低めですね。

「オジさんの相手はできるだけ避けたい」とか思ってるなら、スナックよりもガールズバーで働くべき!

このお客さんの年齢層はもちろんだけど、キャラクターも全然違くて、ガールズバーに来るお客さんの方が、どちらかと言うとユーモアがあって楽しいですよ♪

働くキャストの年齢層が全然ちがう!

お客さんの年齢層が違うのは、お店で働くキャストの年齢層の違いが1番の理由かもしれません。

スナックで働く女性は、若くても20代前半。30代や40代の女性も当たり前のように働いてますし、50代や60代の女性もスナックにはいます。

ガールズバーのキャストはそれよりも若くて、10代の女の子も働いてるし、平均しても20代半ばくらいになるんじゃないかな?
大学生とかが普通にバイトで働いてるから、キャストの年齢層はガールズバーの方が断然低いですよ。

ガールズバーの接客は基本的に立ちっぱなし

バーテンダーとして働くガールズバーの店員さん。そういう役割ということもあって、女の子は基本的にはずっと立ちっぱなしで接客しないといけません。

スナックは、働く女性の年齢層が高いこともあるけど、椅子に座ってお客さんの相手ができるお店もあったりします。
キャバクラみたいに接待行為はできないんだけど、ちょっと椅子に座ってカラオケ歌ったりとかはできるようになってるんです。

若い女の子だったら平気だろうけど、こんな違いがあることを知っておいてもいいかもしれません☆

自分とお客さんの年齢を考えて選んでみよう!

もし自分のことを、「まだまだ若い!」と思ってるならガールズバーで働いてみましょう!
もし若いお客さんの方が接しやすいと感じるなら、そんな人もガールズバーで働くべき☆

スナックとの大きな違いはこの年齢層ですから、自分とお客さんの年齢とかを考えて、どちらで働くか決めてみてはどうでしょうか?